ちょっぴり勇気が出る曲『Better』vol.1

Hezekiah Walker

こんにちは、NOBUです。
神さまについて歌っているゴスペル曲って本当に励まされ、勇気が出る歌詞ばかりで、自分もこれまで沢山の曲に支えられてきました。最近出会った『Better』という曲も、「ちょっぴり勇気が出る」曲だなと思いました。今回は、プロモーションビデオ制作に関わらせてもらったこともあり裏話も含め、2回にわたって『Better』を紹介します。

「人々との出会いも別れも
人生は移りゆくもの
あなたの人生
自分ではどうしようもできないものだった
混乱させられたとしても
心が揺さぶられるほど心配する必要はないよ

BETTER! BETTER!
必ずよくなっていくよ
全ては神さまの御手にあるから」
(Hezekiah Walker/ヘゼカイア・ウォーカー曲『Better』歌詞より)

自分ではどうしようもできない

私たちは、不安な将来のため「将来設計」、「人生設計」などを完璧に立てようとします。でも、「完璧な設計ができたぞ!」という喜びも束の間、風邪をひいて1カ月寝込んでしまいプランが狂った……など、予期せぬ出来事は必ず起こります。
自分で何でもできると思っていた。でも、突然の荒波に翻ろうされ、どうしたらよいかわからずに混乱してしまう時。また、今すぐに右か左かの道を選択しなければならない境遇に出くわして、「何とかしたいけど私にはお手上げです」と、自分の無力さを認めざるをえなくなる時。それが『Better』の歌詞で語る「自分ではどうしようもできない」時です。

Better!! と言える理由

必ずよくなっていくよ!とサビの部分で繰り返して歌われています。
なぜそう言えるのか?
その後の歌詞を見ると、「全ては神さまの御手に(ご支配の中に)あるから」と続いています。この一文の背景には、聖書の次の箇所があげられます。

「初めに、神が天と地を創造した。」(創世記1:1)

私たちは、当たり前のように食事をしています。でも植物や動物がなければ食べるものがありません。また当たり前のように息をしています。でも酸素がなければできません。どれ一つとってみても、人間が一から生み出したものはなく、神さまが私たちのために用意して造られたもの。
そしてその神さまは、私たちにこう語りかけています。

「恐れるな。わたしはあなたとともにいる。」(イザヤ書41:10)

全てを造られた神さまが、一緒にいるよと言ってくださっている。だから、目の前に不安があっても、心配したり絶望する必要はなく、これからは「必ずよくなっていくよ! 大丈夫!」と彼らは歌っているのだと思います。

そう考えると、目の前の不安に対してちょっぴり勇気が出てくるような気がしました!

次回は、なぜヘゼカイアがこの曲をリリースしようと思ったのかを紹介します。


【Better】

作詞作曲:Jason Clayborn、Gabrielle Hatcher、Hezekiah Walker
発売日:2016年3月4日
収録時間:4:30

【Hezekiah Walker/ヘゼカイア・ウォーカー】
「Love Fellowship Tabernacle教会」の牧師であり、グラミー賞受賞のゴスペルアーティスト。
1994年 Best Gospel Album By A Choir Or Chorus部門受賞「Live In Atlanta At Morehouse College」
2001年 Best Gospel Choir Or Chorus Album部門受賞「Love Is Live!」

参照:
新改訳聖書
Better歌詞
Love Fellowship Tabernacle
The GRAMMYs


NOBU

投稿者: NOBU

-Gospel Singer & Director- DEUT(デュート)株式会社代表取締役。都内音楽専門学校、YAMAHA、教会などにおいてVoice Trainer、Gospel Directorとして活動した後、日本全国にGOSPELがあふれる世の中を目指しDEUTを設立。日々GOSEPL指導とコンサートに奮闘中!好きな食べ物は、インドカレー、麻婆茄子など辛いもの全般。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です