いちご狩り


桜が咲き、春の暖かい日差しが心地よい季節となりました。皆さんご家庭で旅行のご計画はありますか?

私は先日、主人と浜名湖に1泊旅行に出かけました。主人の退職を機に今までの労をねぎらって、結婚記念日に出発(こちらは後付けですが……)。レンタカーを借りてどんなルートを走ろうか? と、前日まで2人で考えている時間がとても楽しく、遠足に行く前の日に眠れない子どものようにワクワクしながら当日を迎えました。

 

 いちご狩りへ

ところが天気は雨……。雨天スケジュールに変え、いちご狩りからのスタート。向かう途中、車中から見える湖畔から海に臨む色と強風に揺れる波が水墨画のよう。しばらくすると海はモスグリーン色に変わり、目的地に到着しました。しかし連休明けのせいか、残念ながらいちご農園は休園……。

またしてもスケジュールを変更して、次の候補の農園に駆け込みました。でもなんと、こちらの方が規模も大きく、しかもハウスの隣は、近隣農家の新鮮な地元野菜が盛りだくさんに並んだ、大きい道の駅のような商店が併設されていました! 良かった! いちご狩りで収穫したいちごは、果実が大きくて甘い「紅ほっぺ」。2パック位でしょうか? 一気に平らげて満腹です。

 

 天空の虹

おなかをいちごで満たした後、浜名湖と太平洋に囲まれたホテルにチェックイン。案内された最上階の部屋からの眺めは、1日雨雲に覆われていたはずの空に、きらびやかに空一面、夕陽が輝いていました。

こんな時は虹が見えるかもね。

主人の言葉通りに東側の湖から虹が見えました。水面に映る虹を見たのは初めてでしたし、とても神秘的な光景を目の当たりに2人とも「すごいね~」の言葉しか出ませんでした。そんな夕陽を目前に、購入した地元野菜のプチトマトを夕食前にパクリと口にほおばりながら、これから2人でどう過ごしていくか、のんびりと話す時を持ちました。

 

神さまの作品を通して

「私たち2人にとって思い出の時になりますように」と祈ってスタートした今回の旅行。祈りは、私たちから語る一方通行ではありませんでした。虹や湖、太陽という神さまの作品である大自然を通して、私たちに語られたその美しさや偉大さは、これまでもそしてこれからも私たち2人と一緒にいてくださるという感謝の気持ちへと変わりました。そして主人と少し立ち止まって、神さまのことばに耳をすます時も備えてくださり、素晴らしい思い出の時となりました。

翌日は、青空の快晴。荘厳な朝日を眺めてまた感動! 名物の鰻を堪能し帰途につき、心もおなかも満たされた旅行でした!

 


YUKAKO

投稿者: YUKAKO

GOSPEL歌って6年、現在もGOSPEL LIFEを送ってます!好きな食べ物は、毛ガニとウニ。趣味は、植物を育てること、料理、絵を描くこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です