母の日の贈り物


桜吹雪の風景は、あっという間に過ぎ去り、夏のように暑い日とコートが必要なくらい寒い日が続く今日この頃。母の日の季節ですね。

我が家の娘たちがまだ幼い頃、母の日になると、「いつもおいしいご飯を作ってくれてありがとう」などのメッセージに加え、折り紙やクラフト紙で造る立体のお花と、私の似顔絵を描いてくれました。メッセージ付きプレゼントはとても嬉しく、リビングの特等席にずっと飾っています。今でも見る度にその頃を思い出します。

娘たちは大人になるにつれ、切り花より、植木鉢のお花の方がずっと楽しめて良いと考えてくれたのか、カーネーション、ミニバラ、ラベンダー、サボテン……など植木鉢のプレゼントへと代わりました。私は元々、植物を育てる事や、野菜作り(土いじり全般)が好きでしたので、私が喜ぶ姿を想像して、「今年はどんな花がいいかな? 」と、娘たちはお花屋さんで悩んでいるとか。

 

バラのプレゼント

もらったプレゼントの中に、毎シーズン咲く「バラの花」があります。四季バラで、冬以外はつぼみを持って花を咲かせます。つぼみは濃いオレンジ色。咲くと少し黄色がかった薄いオレンジ色になります。毎朝ベランダに出て、大きな空と朝一番の爽やかな風を深呼吸し、今日咲いているかな? と植木たちに対面するのが待ち遠しくてなりません。どの植物も大切にしていますが、中でもこのバラの香りには癒され、勇気を与えてもらい、時には慰めてくれて、私に幸せな瞬間をプレゼントしてくれます。

 

私のためだけでなく全ての人に

でもある時、はっと気が付きました。このバラの花は私のためだけでなく、全ての自然をお造りになった創造主である神さまから、人にプレゼントしてくださったものだと。

植物を育てることは昔から好きでした。でも、植物やまたそれを育てる喜びも、実は神さまからの恵みだったのだと知ると、心が温かくなり感動しました。きっと神さまは、咲いたバラを見て家族が喜んでいる姿をご覧になってくださり、良かったねと思っておられるのだなあと。

 

今年も母の日には、この「バラの花」の香りとともに、プレゼントしてくれた娘たちと、神さまに感謝しつつ、家族と過ごす喜びを味わいたいと思います。

 


YUKAKO

投稿者: YUKAKO

GOSPEL歌って6年、現在もGOSPEL LIFEを送ってます!好きな食べ物は、毛ガニとウニ。趣味は、植物を育てること、料理、絵を描くこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です