ブレスコントロール・トレーニング-ドッグブレス-


今回は、「ドッグブレス」をご紹介します。

その前に前回までのおさらい!
【問題】腹式呼吸をした時に動く部分は?
① 胸部/肩〜みぞおち
② 上腹部/みぞおち〜おへそ
③ 下腹部/おへそ〜股関節

皆さんわかりましたか?
答えは、です。腹式呼吸ができていないと進めないので、もう一度自分で確認しておきましょうね。

さて、ドッグブレスって? という人が多いかと思いますが、その名前の通り、犬が「ハッ、ハッ、ハッ」と呼吸をするマネのこと。海外では、「Dog Pant(犬の息切れ)」とも呼ばれています。このトレーニングは、横隔膜の筋肉を鍛えるためのもので、太い声や勢いのある声、また、深いビブラートをするために役立ちます。

READY

メトロノームを60に設定。秒針音が聞こえる時計やスマホのアプリでも代用可。

FORM

自然に立った姿勢で行いましょう。猫背にならないように。

 

<ドッグブレスで横隔膜を鍛えてみよう! >

HOW TO

1. メトロノームのタイミングに合わせて、1カウント(1秒)で勢いよく息を口から「ハッ」と1回吐きます。息を吸う時は、沢山吸おうとせず、自然に口から吸いましょう。
2. 1と続けて30秒間行います。
3. コツをつかんできたら、吸う時にも1カウントで勢いよく「ハッ」と口から吸います。
4. 1カウントで「ハッ(吐く)」⇄「ハッ(吸う)」の1セットを30秒間行います。
5. 1カウントで「ハッ(吐く)」⇄「ハッ(吸う)」の2セット(上記4の倍速)を30秒間行います。

POINT!

おなかだけでなく、背筋も動いているかを確認してみてください。このトレーニングはやりすぎると、めまいがすることもありますので、決して無理せず、自分の体調に合わせて行いましょう。貧血気味の方は、座って行ってもよいですね。
上記1〜5を1日1セット、週に3日行ってください。1ヶ月もすると、声が太くなる人も出てくるかもしれません!


ASAMI

投稿者: ASAMI

-Voice Trainer/Gospel Director- ゴスペル指導歴13年。亀渕友香&The Voices Of JapanにてGospel活動を始める。幕張ホテルニューオータニ、Four Seasons Hotelクリスマスディナーショー、表参道ヒルズなどに出演。NHK文化センター、産経学園等講師。好きな食べ物は、京都の和菓子。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です